忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フィッシングショーで一番質問が多かったロッド

e1d27652.jpeg














GWT 72CM J "。

最も多くの人が手に取っていたと思う。

僕的にも間違いなくイチオシの1本

集中した質問は、

■ TAV-GP611CMLP+J ”PowrePlus” との使い分け

TAV-GP611CMLP+J ”PowrePlus " 
フィネス傾向ある関東フィールドをターゲットにTIEMCO O氏が送り出した自信作。
琵琶湖でもストレート系ノーシンカーを筆頭にユーザーが多い。

フィールドを選ばず人気のある機種で、Fショーの時、何度も
 " お気に入り "
 " 最高 "
といった評価が多かった。

僕の中ではベイトフィネスROD的な扱いで、
 ◆ ストレート系ノーシンカー
 ◆ テキサス 1.8~5g(メイン:3.5g+フラッピン Jr.)

を軸にしている。

その一方でレングスとMHクラスのしっかりしたバットをいかして
3.5~7gHDSでの杭攻略ロッドとしても頻繁に登場。

このRODの得意分野はライトだが、ライト~ミディアムライトまでをカバー。

GWT 72CM J "
TAV-GP611CMLP+Jと同じ自重(138g)。
素材の特性を引き出し、7'2"というレングスアドバンテージを実現。
振り抜きが良く、高感度、シャープな仕上がりになっている。

7'を超えるレングスにより、距離をとってのライトフリップを始め、
よりフィネスなアプローチが可能。

僕的には
 ◆ テキサス 3.5~7g(メイン:5g)
 ◆ ABホッグJr.ノーシンカー & +ネイルシンカー

が軸になりそう。

TAV-GP611CMLP+Jでは5g+バルキーワーム以上のリグでは
ピッチング時に、ティップが入り込み過ぎてモタツキを感じるが、
GWT 72CM J は素材特性により背負えるリグの幅が広くなり、
TAV-GP611CMLP+Jのベストである3.5g+フラッピンJr.テキサスに対し、
5g+バルキーワームテキサスがベストマッチ。

得意分野はミディアムライト~ミディアムヘビーといった感じだね。

カブル部分も多く、文字にすると微妙な差になってしまうけど、
使ってもらえば、その違いは明確です。

PR
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
平本 直仁
性別:
男性
自己紹介:
W.B.S.member since 2001

■ Sponsors ■
TIEMCO
・fenwick
・PDL
・sight master
・BOIL
TORAY
LEAD
SANSUI YOKOHAMA
バーコード
お天気情報
最新TB
フリーエリア
ブログ内検索
最古記事
(02/18)
(02/19)
(02/20)
(02/20)
(02/22)
アクセス解析

Copyright (c) never give up! All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog

忍者ブログ [PR]