忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

526

 

井上 115

大山 104

土浦 110

麻生 103

 

 

Day: 2014518

 Wind  南東~6Mまぁまぁ強風

 W.Temp.: 21℃前後

 W.Level: 減水

 Weather: 晴れ

 Tide: 

 Other: 気温~23



DAY2

初日走りが遅い!とカツを入れられましたのでww

うねり気味の本湖を下流に向けダンドンダンドン!

フロント魚探のネジ〆が甘かったようで、

途中でネジ外れた・・・。

目的地に到着したら、

この日は

「お前殺す気か!」と怒られました!www

釣りする前から戦意喪失気味の狩野さんでしたw

さて、

本湖の気になるスポットが空いていたので

朝一の回復系フィーディングを狙ってチェックするが不発。

初日より時間も短いことから早々に

メインスポットに入るが・・・

少し釣りをしていて

なんか違和感。

その違和感とは一番認めたくない違和感。

そう。

川の逆流。

何故・・・今日・・・。

逆流を目の当たりしたので、

この時点で北利根川より下流はバッサリ切り捨て。

少々時間を喰ってしまったので、

ビッグ3本勝負にシフトしたのだが・・・

そんな上手く機能し無かった。

1本ウェインで真中以下の結果。

貴重な一本は、

例のT-PMX610SLP+Jのライトキャロでなんとかひねくり出した。

と言う事で

全国各所でTIEMCOスタッフ絶好調の中、

2戦連続オオハズシの私。

かなり肩身狭いです。

PR

5/25

井上 108

大山 105

土浦 110

麻生 105

 Day: 2014517

 Wind  北西~3M程度 弱い

 W.Temp.: 21前後

 W.Level: 減水

 Weather: 晴れ

 Tide: 

 Other: 
 
 

トーナメント初日。

まぁまぁ全開で下流域に向かった。

西浦を出る頃に他のボートに抜かれたら、
『抜かれてるやないかぁ~!!!ゴラァ』

狩野さんに怒られたw

一気に常陸利根へ!

モーニングバイトを狙うも不発。

少し狙いを切り替え、

狩野さんは霞デザイン オマタスティックを

自分はTIEMCO Gary ウエイブモーション NIKOリグで

700クラスを立て続けに3本キャッチ。
ROD:S-TAV63CLJ

壊れかけたプランが一気に修正された瞬間。

その後はハードボトムエリアに移動し、

例のライトキャロでアフターの900前後のグッドサイズをキャッチ。
ROD:T-PMX610SLP+J

ライトキャロが功を奏す。

4本迄順調に来たので、

リミットメイクを優先し、

スローなライトキャロの釣りにシフト。

(スローな釣りに嫌気がさした)狩野さんは

葦のここしかない!と言うスポットにルアーを正確にキャストしたかと

思うと、きたぁ~!!!!と。

見ると狩野さん独特のガニ又でファイト中!ではなくて・・・、

見えたのは、一目でキッカーと分かるサイズが葦のエグレからギラリ!

ランディングすると1500

8時台にリミットメイク!

もう初日は守る必要も無いので、

スローな釣りは明日に残し、

残る時間をタテスト&浚渫に費やし、

タテストで自分が1500クラスの回復バスを

チェリーリグのフォールでキャッチ。

ROD:T-PMX610CMHJ


5230gで5位スタート。

このウェイトでこの順位。。。

非常に楽しかったのだけど、冷静に1日を振り返ると、

出来過ぎの1日で、正直結構タイトロープな内容だったなと。

2日目はスローな展開に我慢してもらいながら

着実に11本取り、いかに早く勝負の釣りに切り替えられるかが

非常に重要になると思いながら消灯。

ご存知の通り、

情けないくらいの急ブレーキで、16位。

1500×2本
PHOTO by WBS

狩野さんとお互い外せない一戦だったのだが、
またしても乱打戦に叩きのめされた。

初日 : 5230g
2日目 : 580g

 

優勝は

エビちゃんチーム。

圧巻の

6970g + 6320g = 13290g

初戦の出遅れを完全に帳消しにし、

当然のようにAOY戦線に復帰。

凄いわ。マジで。

入賞5位で10㌔弱。

初戦と第2戦と、霞ヶ浦水系大爆発!!

のように見えますが、

勿論事実でもあり、方や無茶苦茶厳しい事も事実。

天国と地獄を味わった

2ndでした。。。。
狩野さん有難うござました。

追って報告します!

5/7

井上 102

大山 99

土浦 106

麻生 101

5/12 大潮 92

5/13 大潮 97

5/14 大潮 99

5/15 大潮 100

5/16 中潮 98

5/17 中潮 93

5/18 中潮 86

詳細はこちら WBS HP

何と!

初の狩野さんとのペアー。

狩野さんよろしくお願いいたします。

そしていじらんといてぇ。

怖い怖いwww

Nでエントリーしてくれた上杉さんに感謝

でもまだ5チーム A × Aの組合せ。

2デイはなかなかハードル高いと思いますが、

よろしくお願い出来ればと思います。

おぉ~い

北のTOSHIぃ~~~~!

4/18

井上 105

大山 103

土浦 106

麻生 108

スタート前

 

大増水からの水位調整という想定がいの非常に大きな

自然環境の変化が事実ありました。

 

物凄く警戒していたにも関わらず

前プラであっさり釣れたもんで・・・。

 笑えず・・・

そこにバックリ騙された1人です。

でも気になっていた事は有りました。

 

プラを通して自分のエリアで触れるバスが

前週までの大型プリから、

前日:サイズダウンしベイトで腹パンのバス

当日:トーナメント開始直後の超嬉しいファーストフィッシュが、

スポーニングに関係なさそうな痩せた600クラスのバス。。。

 

オイオイ!です。

気付けよ!というところです。

 

ですが、

下流域大爆発を夢見て追い掛けてしまいました・・・。

 

自分のエリアが明らかにパワーダウンしていた事実に気付きつつも

複数・広域でエリアを持っていた事で、回ってタイミングを合わせれば

当たる!と自分を信じて押し通してしまった・・・。

 

北に南に長い霞ヶ浦水系。

スポーニングの進行に違いがありますわね。

そしてレンジによる違いも。

 

勿論結果論ですが、

プラクティスは、色々気付きを与えてくれていたのでした。

それに気付けなかった自分・・・

 

また、本湖下流・北利根・常陸利根・鰐川

でよく見かけた選手は、総じてロースコア。

 

前日楽に釣れたのに、

エリアからベイトが消え、水質が変わった等で、一気に激沈黙。

 

川系は本当に恐ろしいです。

そして、もっと恐ろしいのは、

WBSメンバーのエリアの絞り込み能力。。。

恐れ入った。

カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
平本 直仁
性別:
男性
自己紹介:
W.B.S.member since 2001

■ Sponsors ■
TIEMCO
・fenwick
・PDL
・sight master
・BOIL
TORAY
LEAD
SANSUI YOKOHAMA
バーコード
お天気情報
最新TB
フリーエリア
ブログ内検索
最古記事
(02/18)
(02/19)
(02/20)
(02/20)
(02/22)
アクセス解析

Copyright (c) never give up! All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog

忍者ブログ [PR]