忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

二次会には30人近く来て、一時はバトルロワイヤル状態だったが、
W.B.S.パーティーもなんとか無事に終了。
かなり疲労は残ったが・・・。

さてお待たせです。

つづき

更にプロテクトされるエリアに動いてからの話。

ベイトフィネス。
進化の時。

イメージで組んだタックルは、

GWT 610CLP+J
 ライン: TORAY スーパーハードプレミアムプラスハイグレード 8LB
 リグ : ミニラバ 1/16oz + タイニーブラッシュホッグ
 リール: KTF Revo Elite フィネス ハイギア

GWT 64CLP+J
 ライン: TORAY スーパーハードスーパーフィネス 5.5LB
 リグ : マルチスティック 3.5in  1/64oz ネコリグ
 リール: KTF Revo Elite フィネス ハイギア

ネコリグはちょっと無理か?と正直思っていたけど・・・。

侮ってました・・・。サーセン。全く問題無し。
驚愕 & ニヤケが止まらない。

勿論釣っときました。

62386687.jpeg

キャストからランディングまでの一連の流れの中に、
ベイトとスピニングの良いところ取りをしている感覚。

キャスト・フッキング・抜き上げとベイトロッド感覚。
ファイティング中は少しスピニング感覚がある。

トータル的に、ラインが太いのでメンタル面で強く出れるし、無理も効く。

そして何と言っても手返しの良さがスピニングに比べはるかに向上。
向上と言うレベルでは無く、超越。

そして特に GWT 610CLP+J はロングレングスを生かしてのフリッピンにも抜群。

Fショーでは、意外と全体的に柔らかいんですね。
との声が多かったけど、キャスティング面で必ず必要なベンディングなんです。

実際にリグを考えてみるとそうなりますよ。
僕も含めて、ベイトでストレスなくキャストできるリグのミニマムイメージに
間違いがあったってことじゃないでしょうか?

ベイトフィネス兄弟の
 GWT 610CLP+J
 GWT 64CLP+J
ともにお勧めです。
簡単に言うとロングレングス派?ショートレングス派?の好みと、
フィールドでの用途に応じての使い分けで良いと思います。

でも厳密には、ショートロッドの方がロッドを早く振り抜けるので、
更にライトなリグに対応可能。

やはり、両方必要なのだ。


 

PR
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
平本 直仁
性別:
男性
自己紹介:
W.B.S.member since 2001

■ Sponsors ■
TIEMCO
・fenwick
・PDL
・sight master
・BOIL
TORAY
LEAD
SANSUI YOKOHAMA
バーコード
お天気情報
最新TB
フリーエリア
ブログ内検索
最古記事
(02/18)
(02/19)
(02/20)
(02/20)
(02/22)
アクセス解析

Copyright (c) never give up! All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog

忍者ブログ [PR]