忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■印旛のタックルデータに関して

アルデバラン K.T.F.  Hiギア(プロト)
ベイトフィネスジグ(プロト)
PDLベイトフィネスクロー3in(プロト)

2011_0327_172804-CIMG0630.jpg プロト軍団

ごめんなさい。
すべて皆さんより先に使わせて頂いている訳ですが・・・。

まずはリール。
アルデバラン K.T.F.  Hiギア(プロト)
沢村さん。無理を聞いていただき本当に感謝しております。有難うございました!

Excellent!!!!www に尽きる!って当たり前か ^^;

恥ずかしながらファーストキャストは大バックラッシュ。

想像をはるかに超えるレスポンスゆえ、ピッチング時にホールドしていた
リグを放した瞬間、真下に落としてバックラ。

かなりキンキンカリカリなセッティング。

だから恥ずかしながら慣れるのに時間が掛ってしまった・・・。
でも慣れると、それはそれは強力なウェポン。

凄すぎる。
Made in Japan! × K.T.F.
確実に更なる進化を遂げてます。はい。

そしてウルトラハイギア。
これは1度手にしたらやめられません・・・。
病みつきです。

1日中ベイトフィネスロッドをこれだけ使い倒した事は初めて。

ショートロッドの重要性を思い知らされた1日。

◎キャスタビリティー : シャープ & コントローラブル
 とにかく振り抜きやすいから低弾道でビシビシ決まる。

◎操作性 : 繊細なシェイク、ライトリグのボトム感知能力UP
 繊細なシェイキングか可能で、ボトム感知能力に優れる。

今回は8ポンドとワンランク太いライン選択をしたからなおさらなのだけど、
2.7gベイトフィネスジグ+ベイトフィネスクロー3inでボトムを確実に取るには
ショートロッドが優勢。

今回主役リグの 2.7gベイトフィネスジグ+ベイトフィネスクロー3in。

2011_0402_120557-CIMG0642.jpg フッキングもバッチリ!

印旛沼に2日行き、いろんなシチュエーションで試した訳だけど、
オフセットだから根掛らないし、ヘッドもアーキータイプなのでスタックしにくい。

ズルビキでも、フォールでも、スイミングでも。
二つの組合せは非常にバランスがいい。侮れませんぞ。
お勧めできるセットです。


そしてキャスト時のワンポイントアドバイス!

ベイトフィネス 
2011モデルはお客様最優先ですから、
自分はまだウェイティングリスト状態 ^^;

よって今回はゴールデンウィングツアーエディションモデルなので、
トリガー有りモデル。

自分なりに色々試してみた。
やっぱやり続けると色々発見は有るものだね!^^

通常は2フィンガースタイルでキャストしている。が、
自分の場合ベイトフィネスにおいては3フィンガーの方が
キャストアキュラシーが確実に向上。

だから2011モデルのオリジナルラウンデッドトリガー通称モッコリグリップに
なった日には、好みのパーミングスタイルでのキャストが可能になるのだから、
更にキャストアキュラシーが上がるんだろうね。

に加え、何と言っても、アラミドヴェールであり、
ベイトフィネススペシャル使用は、ブランクの塗装が薄くなっているので
シャープさ満点。

俺好み!^^

楽しみだ!


PR
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
平本 直仁
性別:
男性
自己紹介:
W.B.S.member since 2001

■ Sponsors ■
TIEMCO
・fenwick
・PDL
・sight master
・BOIL
TORAY
LEAD
SANSUI YOKOHAMA
バーコード
お天気情報
最新TB
フリーエリア
ブログ内検索
最古記事
(02/18)
(02/19)
(02/20)
(02/20)
(02/22)
アクセス解析

Copyright (c) never give up! All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog

忍者ブログ [PR]